運輸安全マネジメントに関する取り組み

当社では、輸送の安全を確保するため、以下のとおり全役職員が一丸となって取り組んでまいります。

1.輸送の安全に関する基本的な方針

  1. 社長および役員は、 関係法令の遵守と輸送の安全確保が事業経営の根幹である ことを深く認識し、社内において輸送の安全確保に主導的な役割を果たします。
  2. 社長および役員は、現場における安全に関する声に真摯に耳を傾けるなど現場 の状況を十分に踏まえつつ、全従業員に対し 関係法令の遵守と輸送の安全の確保 が最も重要であるという意識を徹底させます。
  3. 当社は輸送の安全に関する計画の策定、実行、チェック、改善を確実に実施し、 安全対策を不断に見直し、全従業員が一丸となって業務を遂行することにより、 絶えず輸送の安全性の向上に努めます。また、輸送の安全に関する情報について は積極的に公表いたします。

2.輸送の安全に関する重点施策

輸送の安全に関する重点施策 前項の「基本的な方針」にもとづき、以下に掲げる事項を実施します。

  1. 輸送の安全の確保が最も重要であるという意識を徹底し、関係法令および安全管理規程に定められた事項を遵守します。
  2. 輸送の安全に関する費用支出および投資を、積極的かつ効率的に行うよう努め ます。
  3. 輸送の安全に関する内部監査を行い、必要な是正措置または予防措置を講じます。
  4. 輸送の安全に関する情報の連絡体制を確立し、社内において必要な情報を適確に伝達し、共有します。
  5. 輸送の安全に関する教育および研修に関する具体的な計画を策定し、これを適 確に実施します。

3.輸送の安全に関する目標(2020年度)

有責重大事故 ゼロ
人身事故の発生 ゼロ
交差点事故 ゼロ
バック事故 ゼロ

4.輸送の安全に関する目標の達成状況(2019年度)

有責重大事故および人身事故の発生 目標 0件 実績 0件

なお、飲酒運転事案の発生はありません。

5.自動車事故報告規則第2条に規定する事故に関する統計

なし

6.輸送の安全のために講じた措置(2018年度)

従業員教育および研修の実施状況

①2018年 4 月、全従業員を対象とした研修を実施しました。

事故事例によるドライブレコ-ダ-映像活用、健康管理に関する講義、事業用自動 車自動車を運転する心構えに関する講義。春の交通安全運動の推進

②2018年 7 月、全従業員を対象とした研修を実施しました。

事故事例によるドライブレコ-ダ-映像活用。事業用自動車の構造の特性、運転者の適性に応じた安全運転、エコドライブに関する講義。夏の交通安全運動の推進

③2018年 9 月、全従業員を対象とした研修を実施しました。

事故事例によるドライブレコ-ダ-映像活用。健康管理の重要性、乗降時の安全確保のための留意事項。秋の交通安全運動の推進

④2018 年 11月、全従業員を対象とした研修を実施しました。

事故事例によるドライブレコ-ダ-映像活用。事業用自動車の運行の危険の予測及び回避(KYTシートを利用した教育)、健康管理の重要性。過労運転防止とサービスの向上について。年末年始安全輸送総点検の推進。

⑤2019年2月、全従業員を対象とした研修を実施しました。

事故事例によるドライブレコ-ダ-映像活用。事業用自動車の運行の安全確保の遵守事項、交通事故に関わる運転者の要因及び対処方法、運行経路等における道路及び交通状況

輸送の安全に関する実績額

①実施した案件 車両の更新、運行管理システム改修、運転士の運転記録証明取得、等
②関連する予算額および実績額[実績概算額 / 2,100千円]

7.輸送の安全のために講じようとする措置(2020年度)

  1. 従業員教育および研修の実施計画
    全従業員の集合研修を年 5 回する他、個別研修や小集団での研修も取り入れ、安全に関する知識と意識および技能の向上を図ります。
  2. 運転士の健康管理の強化
    脳MRI健診やSAS検査の受診を促進し、安全運転に支障を生じさせる恐れのある者の早期把握、およびその是正に取り組んでまいります。
  3. 運転士の過労運転の防止し運転士の運転時間等、勤務実績をより厳格に管理し、無理のない乗務計画の作成を推進します。
  4. 非常用信号用具、非常口、消火器の取り扱いについて実技を伴う講習を行います。
  5. 予算額(概算)
    2,500千円(車両の整備・更新、健康管理対策、従業員研修関係費用、等)

9.最高責任者および安全統括管理者

最高責任者・安全統括管理者 代表取締役 吉野 保次

10.添付書類

①輸送の安全に関する組織体制および情報伝達体制図
安全管理組織図PDF資料はこちら

②安全管理規程
安全管理規程PDF資料はこちら

11.貸切バスの安全性評価認定